全身脱毛を受けるときには本当に痛いのか | 全身脱毛値段リサーチ

alt_02

全身脱毛を受けるときには本当に痛いのか

全身脱毛には興味はあるものの、脱毛はイコールでいたいイメージも付きまとう物です。ムダ毛のない肌はあこがれではある反面、お手入れの痛みがあるとしたら、続けられるかも不安あるのは自然な考えでしょう。

全身脱毛は本当に痛いのか

まず全身脱毛は痛いというのは、本当なのかを知っておきましょう。これは全身というよりも、パーツによっては施術時の刺激を感じやすいこともあるという理解で良いでしょう。本当に全身に痛みが強烈に走るようでしたら、誰も全身への脱毛をしようとは思えなくなります。既に全身への脱毛を終わっている人たちも大勢いるのですから、絶対に我慢できないレベルの痛みというものでもありません。施術時に刺激を感じることはありますが、人間がお手入れを受けて我慢ができる範囲の刺激である為、あまり深く心配はしなくても平気です。

全身脱毛が痛いというイメージはどこから来たのか

なぜこれほどまでに、脱毛が痛いというイメージが強く日本人に根付いたのかというと、それは昔の脱毛方法がハードに痛かったことも理由の一つです。ありえないことに、昔はエステサロンで普通に針を利用した脱毛を行っていました。医療資格などはまったくもっていないスタッフが、針を使い電流を流し、激痛の脱毛の施術をしていたのです。昔は部分脱毛が主流でしたので、脇はエステでの針での脱毛で完了をする人が多かったものの、脇だけでもその激痛のために、毎回の施術では涙が出るほどのレベルです。この痛みの強さが、今も尚脱毛は激痛というイメージを保っている所以の一つです。

お手入れ施設によって全身脱毛の痛みは違う

現代は針のような激痛の脱毛を、メインで行っている施設はありません。クリニック脱毛は痛みが強めと言われますが、針に比べればかわいいものです。クリニック脱毛は医療機器を使っており、その医療機器は年々高性能に変わっています。レーザー照射をしている時に、同時に搭載している冷却装置が作動しますので、痛みはこれまでよりも大幅に軽減されています。エステ脱毛では針は禁止となり、今では優しい光の脱毛で、ほとんど傷み等はない施術を受けることができます。

今の時代の脱毛は、全身脱毛であっても、激しい痛みで打ちひしがれるようなことはありません。クリニック脱毛は刺激が強めではあっても、痛みに弱い人はスタッフに話して、麻酔をつけてもらうことで問題はなくなります。エステ脱毛は光なので、リラックスの心地よい脱毛ができます。

 ⇒全身脱毛のお手入れのためにかかる期間の目安

関連記事

TOP