全身脱毛前の自己処理についての疑問解決はこちら | 全身脱毛値段リサーチ

alt_02

全身脱毛前の自己処理についての疑問解決はこちら

サロンのほとんどは自己処理をした上で全身脱毛をするように促されます。これには理由があり、脱毛前にムダ毛の処理をしないで来店した場合には、脱毛を行って貰えない可能性もあるので注意しましょう。

全身脱毛前に必要な自己処理をしておく理由とは

脱毛方法の中に光脱毛がありますが、この光は毛のメラニンを含む場所に反応します。例えば、毛の長い状態の無処理で光脱毛を行った場合に、根元以外の毛穴から出ている部分まで熱は伝わります。そのため肌への強い刺激によって肌トラブルの原因になる可能性が高くなります。また、肝心な根元の部分まで熱が伝わりにくくなるため、脱毛しにくくなる可能性もあります。基本的には、カウンセリング時に自己処理に関して全身脱毛の2日前か前日に行ったほうが 良いか確認を取るようにしましょう。サロンによっては、シェービングを行っている場合や、剃り残した部分のみを処理してくれるサロンもあります。

もし自己処理をしないままサロンへ行くとどうなるのか

脱毛前の事前処理は全身脱毛をする上で大切な下処理になります。仮に自己処理を忘れてしまった場合は、サロンによって次回の予約を入れなおして脱毛はしないという事があります。又はサロン内でカミソリなどを購入し自己処理を行った上で脱毛をする事もあります。ただし、次の予約時間も関係している事からあまり望ましくないという点は理解しておく必要があります。そのため、全身脱毛に限らず脱毛を受ける場合には、自己処理をしてからサロンへ行くようにしましょう。剃り残しがあっても問題が無いように、カミソリ等は持っていく事がベストです。

シェービングサービスはサロンでも行っている所があるのか

基本的には、自己処理は行ってからサロンへ行く事が当たり前となっていますが、サロンによってはシェービングサービスを行っている所もあります。シェービングサービスといっても剃り残し程度までなら可能といったように、自己処理なしでも可能かどうかは事前の確認が必要となります。

まとめ

事前の処理を行う時期は、脱毛を行う2日前から前日に行います。毛の成長によっては3日前など多少の誤差があるため、自分の毛の成長の速さを確認しておいてから、自己処理を行う日を決めるようにしましょう。脱毛前の毛の理想の毛の長さは、約2㎜とされているため、それ以上伸びない内に脱毛を済ませる事がベストです。また、剃り残しが無いように注意する事と、剃り残しがあっても対応できるようにカミソリやシェーバーは持参する事が大切です。

関連記事

TOP